審査時間が短ければその日にお金を借りられる

125

お金借りる時には審査がありますが、審査の時間は金融機関によって異なります。長いところになると数日から1箇月以上かかることもあります。住宅ローンなどは審査の内容も多くなるので、すぐに決まることはありません。

一方で非常に早く審査が終わるところもあります。お金が必要になるまでに一定の余裕があるのであれば、審査時間はそれほど気にならないでしょう。

でも、今すぐ必要な時、少なくともこの数日以内には用意しないといけないときは、できるだけ早く審査してくれるところが助かります。

審査の結果利用できればその後すぐに借りることができますが、結果が悪ければ別の業者に当たらなくてはいけなくなります。借りられないとしても、結果を早く出してくれるところであれば次の段階に進みやすくなります。

オススメの金融機関としては、審査時間が非常に短いところです。どこが最短かは実際に比較ができないので難しいですが、業者が一定の情報を提供してくれているところがあります。

最短どれくらいで借りられるかを出してくれていて、30分で借りられるとしているところがあります。常に30分で審査をしてくれるわけではなく、平日の昼間などになります。

その時に申し込みをすれば、早ければ30分後には利用することができるので、今すぐお金が必要な時でもお金を得ることができます。その日に必要でないなら、審査が1日で終わるようなところを探してみると良いでしょう。

カードローンであれば、1日ぐらいの審査で利用できるところは多くあります。目的別のローンとなるとどうしても時間がかるので、早めに申し込みをしないといけません。

目的別の商品が豊富にあるところがお得

お金借りるとき、何らかの目的があるはずです。住宅を購入するためであったり、自動車の購入、子供の教育費のためなどがあるかもしれません。住宅を購入するのであれば住宅ローンが各社で用意されています。

通常ローン商品といえば高い金利で知られますが、住宅ローンだと1パーセントを切っている商品などもあります。かなり負担の利息を減らすことができるので、お得なサービスと言えそうです。

その他マイカーローン、教育ローンなども多くの金融機関で用意してくれています。目的別の商品は、いろいろな目的で使えるフリーローンに比べると金利が低くなります。

ですから、より割安に利用できます。住宅ローンとマイカーローンしかないようなところだと、教育費用のためにフリーローンを使わなければならず、コストも割高になります。

オススメの金融機関としては、多くの目的別の商品があるところです。結婚のためにお金が必要な時に使えたり、女性のエステのために使える商品、特定の買い物をするために利用できる商品などがあります。

その他にもフリーローンとしてもあるので、どうしても該当しないときはそちらの利用になりますが、より低い金利での利用が可能になります。

目的別ローンはフリーローンに比べると金利が低くなります。お得ですが、その分審査が厳しくなります。つまり、本当にその目的で使うのかの証明が必要になります。

マイカーローンであれば、契約書などが必要になるでしょうし、ブライダルローンなども何らかの証明が必要になります。それらの準備ができるかどうかも確認しておく必要があります。

証明に問題が無ければうまく活用すると良いでしょう。

借りやすくて返済もしやすいところ

お金借りるとき、1度だけ緊急の目的で借りる場合と、定期的に使いたい場合があるかもしれません。一度だけなら、多少面倒でもできるだけ金利の低いところなどを探します。その分安く利用できるからです。

でも、定期的に借りたり返済したりをするなら、それらの作業が面倒でないところが良いでしょう。借りるたびに窓口に行く、返済のたびに窓口に行くとなるとかなり大変になります。

今はカードローンと呼ばれる仕組みがあり、カードを作っておくと借りやすくなっています。限度額が決められていて、最初に審査を受ければ後は審査を受けることなく自由に借りたり返済をしたりができます。

ただし、金融機関によって利便性が異なるので、利用しやすいところを選ぶようにしてみましょう。自宅ですべて終えられるようなところもあります。

オススメの金融機関としては、振り込みなどを通じてお金を借りたり返済したりができる所です。ネットを通じて借入の申し込みができ、所定の銀行口座に振り込んでくれます。

ネットからできるので、特に時間の指定などもありません。深夜などでも振込んでくれるので、後はATMから引き出せば使うことができます。

返済も振り込みで行え、円単位できちんと返済が行えます。ATMで返済をしようとすると円単位で行うのが難しいこともありますが、その心配がありません。

ネット以外では、いろいろなATMが使えるところがあります。提携している金融機関が多かったり、コンビニや郵便局のATMが使える所ならいつでも借りたり返済ができます。

振込やATMを利用するときに手数料の負担をしてくれるところもいいところと言えるでしょう。

金融業者からお金借りる時の審査と勤続年数

85446

お勤めで働いた年数は、個人差があります。1つの会社で勤め上げた年数が長い方々もいれば、その逆もある訳です。

一般的には、その長さは勤続年数と表現されます。会社で勤めた年数になりますが、それはお金借りる手続きにも関わってくる訳です。

お金借りる為には、銀行などで申し込みをする事もあります。もしくは消費者金融です。それで申し込みの際には、金融業者に対して、様々な情報を伝達する事になります。

お勤め先や年収など、色々と個人的な情報を伝達する訳です。基本的には申し込み書に記載したり、申し込みフォームに入力していく事にはなります。

ところで数ある入力項目の1つに、上記の勤続年数がある訳です。わざわざ金融業者にその情報を伝達する以上は、審査には大いに関わってきます。基本的には、勤続年数は長い方が有利になります。

例えばAさんという申し込み者は、会社で勤めた年数が10年前後だとします。それに対してBさんは、1年も経過していない状況です。

AさんとBさんを比較しますと、Aさんの方が審査通過率が高いです。というのも金融業者としては、収入の安定性などを重視する事になります。

Aさんのように1つの会社で長く働いていれば、安定した収入が見込まれるという基準がある訳です。逆にBさんの場合は、収入が安定しているか否かは、今ひとつ不明な状況です。

ですからAさんの場合は、審査には通りやすくなります

一般的にその年数は、1年が1つの目安になります。勤めた年数がまだ半年などの段階ですと、お金借りるのが難しい事はあります。ですからお金を借りたい時には、タイミングなども1つのポイントになる訳です。

まだ勤めてから半年ほどしか経過して段階なら、もう半年待ってみるのも一法です。勤続1年目になれば、審査に通る確率も若干高まるからです。

年数が短いと借りられる金額は限定される

ところで勤めた年数は、借りられる金額の数字にも関わってきます。現にある消費者金融は、勤めた年数があまり長くなければ、金額が限定されるというルールになっています。

その消費者金融では、勤めた年数がそれほど長くなくても、借りる事自体は可能です。勤めた年数というより、また別の点を重視しているからです。

たとえ勤続半年などでも、その消費者金融から借りられる事例もあります。ところがお金借りる時の金額は、少し低くなってしまう訳です。40万や60万などのまとまった数字ではなく、もっと低い数字に限られてきます。

というのも金融業者としても、大きなお金を貸し出す時には、色々と慎重に判断する傾向があります。大きなお金が無事に返済されれば良いですが、勤めた年数があまり長くない状態では、遅延になるかどうかも微妙だからです。

それだけに金融業者から借りられる金額も、若干限定される傾向はあります。ちなみにその年数がどれくらいかは、金融業者によって基準は異なります。

ある消費者金融の場合は、勤続3ヶ月未満ですと、借りられる金額は制限されるルールになっています。しかし別の金融業者でしたら、もう少し長い年数になります。

それぞれの金融業者により、審査に関する考え方も異なっている訳です。

借りる手段によっては年数が重視されない事も

このように会社で勤めた年数は、審査には大きく関わってくる訳です。しかし、そうでないパターンもあります。上記の勤続に関する状況は、あくまでも銀行や消費者金融などに申し込みをした時です。そうでない状況もある訳です。

例えば家族からお金を借りる事例もあります。お金が少し不足しているので、ご両親に相談をした上で、お金を借りている方々も沢山居ます。もしくは友達などに相談をして、お金を借りている事例もあります。

それで誰かからお金を借りる際には、勤続の年数はあまり重視されません。ご両親としては、お金を貸しても良いかどうかは、また別の要因で判断している事もあります。友達から借りる時も同様です。それと、質屋という選択肢もあります。

金額がやや高めなブランド物のバッグを質屋に持ち込んで、お金を借りている方々も多いです。それで質屋の場合は、別に勤続の年数を重視する訳でもありません。そのお店の場合は、まず金銭価値が高い物品を預けるかどうかを重視するからです。

会社で勤めた年数で審査を行う訳ではありません。その他にも、お勤め先に相談するやり方もあります。

例えばアルバイト先などに対して、前貸しなどを相談する事例もある訳です。ただお勤め先にしても、勤続年数を基準に審査を行う訳でもありません。

どちらかと言えば、働いた時間の長さを基準に、貸し出すかどうかを判断している傾向があります。会社で100時間分が働いているなら、100時間分の金額が貸し出されるのが一般的です。

ですから、すべてのお金を借りる方法まとめにおいても、勤続の年数が重視される訳ではありません。あくまでも金融業者で申し込みをする時に、その年数がポイントになるのです。